スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    映画関連専門書オンデマンド購入のすすめ

     映画に関する本は、独習書や専門書に限って言えば、もともと需要が少ないが、日本における少子化や過去四半世紀に及ぶ不況によって、もはや一般書店に流通させても元が取れない状況になっている(私の著書の中で、もっともな理由から一番売れている『タルコフスキーとその時代』でさえそうである)。

     職業上、あるいは「夢の実現」のために下記の著書が必要な方は、偏見にとらわれずにオンデマンド印刷を積極的に利用して頂きたい。そもそも、これらの本は最初から一般書店での流通を目指しておらず、大手ショッピングモールではアマゾンでしか販売されていない(そちらでも今は需要が十分でないので販売は事実上停止している、アマゾンの意志によるのではなく、出版元アルトアーツ代表つまり私の意志によってである。利益が少なく面倒な手続が増えるだけだから、会社として当然の判断である)。

     プロというものは、昔から希少かつ必要な専門書を漁ることで初めてプロとして一人前になってきたのである。その出費を惜しんだり、自分の所属する機関に払わせたりするような人間は、最初から専門家を目指すべきではない。そのような根性しかなければ、どうせ一生、二流以下にしかなれないのだから。

    現代映画カバー




    映画文化と現代ロシア映画[改訂版]表紙


    スポンサーサイト
    プロフィール

    Shusei Nishi

    Author:Shusei Nishi
    私の専門は映画であり、映画と音楽には相違点も勿論ありますが、多くの共通点もあります。個人的には、映画は現在の形よりもっと音楽的であっていいのではないかと考えています。

    ここでは批評やレヴューというほどではなく、偏愛する音楽と映画、そして生活全般における“別の選択”について書いてゆきます。

    最新記事
    リンク
    Amazon e-Store Alternative Life
    Related Items on Amazon.co.jp

    Copyright © Notes on Music, Cinema and Culture by 西周成 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。