スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『映画文化と現代ロシア映画』(日本語版)英米欧同時発売

     前回は小説のペーパーバック版についてお知らせしたが、今回は“学術書”ないし“専門書”と呼ばれる分野の新刊をご紹介したい。一つは先日刊行済みの『映画文化と現代ロシア映画』であり、もう一つは近々刊行予定の『物語映画におけるポリフォニー』(仮題)である。後者は、「映画の詩学としての理論」という、現代ロシア映画と並んで20年来私が研究・考察を重ねてきた分野についてのものであるが、日本語で出すか英語で出すかによって読者層も構成も変わるので、まだ詳しく語ることはできない。

     『映画文化と現代ロシア映画』は、以前に紹介した2つの小説と同様、米アマゾンの子会社CreateSpace Independent Publishing Platform から出版した。このシステムは私にとっては実に使いやすいが、それは私が自分の会社から3冊の自著を出版してきた経験がそのまま生かせるからだ。しかもISBNが無料で取得できて、裏カバーにバーコードが自動的につくので、日本で本を発行する際よりも簡単だ。ここから出した本は全て米国から出版されたことになる。今は研究者もアマゾンやそれに類する各国のショッピングモール(ロシアの場合はオゾン)で書籍を購入することが当たり前になっているため、いやしくも研究者と名乗る人間が、“書店で扱っていないから購入も参照もできなかった”と言い訳することはできないだろう。この分野を専門とする方にとっては必読書である。そして実際に、ツイッターで刊行を発表した直後に購入した人がいる。
    映画文化と現代ロシア映画
    米アマゾン商品ページ:http://amzn.com/1481842323
    英アマゾン商品ページ:http://www.amazon.co.uk/dp/1481842323

     本書の第一章は、2010年初めに東京外国語大学で開催された国際ワークショップ「ポスト・スターリン時代の文化的想像力」において発表した内容に基づいている(論文集「スラヴ文化研究」に掲載)。第二章と第三章は日本学術振興会科学研究補助金による個人研究(研究課題番号19510261「ペレストロイカ以降の現代ロシア文化研究」)の成果であり、2008~09年にかけて執筆した。第四章は同補助金による共同研究(研究課題番号19320100「オーラルヒストリーによる現代映画製作の研究」)の筆者担当部分の成果を利用している(未発表)。
    序論は全て、新たに書き下ろした。(キンドル版の商品説明より)

    映画文化と現代ロシア映画映画文化と現代ロシア映画
    (2012/11/03)
    西 周成

    商品詳細を見る

     私は日本における現代ロシア映画研究では第一人者をもって自認しているし、実際にそれだけの仕事はしてきた。だからこそ、北大や東京外国語大学で開催された国際シンポジウムやワークショップに招かれたりもしてきたのだが、『映画文化と現代ロシア映画』の内容は、過去20年以上に及ぶ私の現代ロシア映画研究に一つの区切りをつけるものであり、シンポジウムやワークショップでの口頭発表以外に、科研費による個人研究や共同研究の成果も利用している(これらの研究の過程で生まれた“映画文化”の概念モデルは、昨年秋に刊行した『映画 崩壊か再生か』の基礎にもなっている)。

    映画 崩壊か再生か映画 崩壊か再生か
    (2011/09/20)
    西 周成

    商品詳細を見る


     実はこの本の原稿は、東日本大震災の直前に完成していた。学術出版では有名な某出版社に原稿を送り、出版の可能性がないか聞いてみたところ、編集者から原稿と一緒に丁重な断りの返事が届いた。正確な言葉は引用できないが、「よく検討してみたが、どうしても採算が取れそうにないので残念ながら弊社では出版できないと判断しました」「この原稿が何とか出版されることを願っています」という内容で、その後に打診した幾つかの出版社のおざなりな対応と比較すると、さすがに日本有数の学術出版社の編集者だけあって、物を見る目のある方だと感銘を受けた。

     今回、日本での書店流通を諦めて英米欧での同時自己出版を選んだのは、キンドル本の形で出版した際に「無料キャンペーン」期間の一日で日本とそれ以外の国で5冊も「ゲット」されてしまったことから、この本を必要とする研究者は意外に多いと分かったからである。

     考えてみればそれも当然で、日本では90年代以降のロシア映画史をちゃんと学術的に追跡してきたのは私だけであり、2000年代半ばに『ナイトウォッチ』等が登場して劇場やレンタルショップに現代ロシアの娯楽映画が並ぶようになるまでの期間が全くの「ブラックボックス」だったのである。まさか、ソクーロフ、ゲルマン、カネフスキーと東京国際映画祭で上映されたその他の作家映画しか、当時ロシアに映画がなかったわけでないことは、常識を持つ人なら分かるであろう。確かに90年代半ばのロシア映画産業は崩壊寸前だったが、最悪の年でも20本以上は長編劇映画が制作されていたのである。

     判型は日本のものと違い、取次も通せないので日本の書店での流通はない。だが、れっきとした研究書である。疑う人は、米アマゾンか英アマゾンの上記商品URLで「Search Inside the Book」機能をつかって「なか見検索」でもしてみればよい。私はこの仕事に関しては一切、手抜きや適当な記述はないと断言する。そのことは、今準備中の『物語映画におけるポリフォニー』に関しても言える。ロシア語のPh.D学位論文に基づくことになるが、その時の指導教官E.グロモフ氏はかつてドイツ古典哲学を学びクレショフからじかに映画論を学んだ方であり、その指導の細やかさのお陰もあって、今でも私の論文はロシアの学界で参照されているのである。
     
    「科研費は税金から出ているのだから、成果を発表する義務がある」とのたまうような高齢の大学人に対して、「そう言うあなた方は、自分の研究が必要とされる時期を逃さずに研究成果を発表してきたのか? 今の時代、若手や中堅の研究者は生活が苦しいのだから、“名誉教授”等とおだてられて需要の無い学問を大学院などで教えるくらいなら、早く引退しなさい」と言い返すことができる。そもそも、今の高齢者は自分達の世代の苦労や貢献を過大評価し過ぎている。福島第一原発事故を防げなかったのは、他でもない、高齢者の世代なのだ。
    スポンサーサイト

    テーマ : 映画
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    tag : 映画産業 映画学 現代ロシア映画

    『倒されたデーモン』日本語版他、米欧アマゾンで発売開始

     日本ではキンドル版でしか読むことができない2つの小説を、英語版及びオリジナルの日本語で出版した。それぞれ、英米欧のアマゾンで既に発売中である。

    倒されたデーモン倒されたデーモン
    (2012/10/31)
    西 周成

    商品詳細を見る

     『リマインダー』は英語版、『倒されたデーモン』は日本語版での出版である。ペーパーバックで前者は238ページ、後者は330ページである。フランスやドイツのアマゾンでも多少のタイムラグがあるがかなり迅速に反映される。つまり、アメリカ及びEUでほぼ同時発売が実現でき、どこでも買えるのだ。本のサイズはアメリカのアマゾンではインチで示されているがアマゾンUKではセンチで示されているので、そちらのURLをご紹介したい。基本的に、英語がある程度できてクレジットカードを持っている人なら誰でも購入できる。

    『リマインダー』英語版 アマゾンUK
    http://www.amazon.co.uk/dp/1481811142
    『倒されたデーモン』日本語版 アマゾンUK
    http://www.amazon.co.uk/dp/1481826603

     欧米の本の判型は日本とは異なり、日本だと文庫本に当たるペーパーバックは四六判よりも少し大きいものが一般的であるらしい。それにしても、データさえ用意すれば一挙に英米仏独で紙の本を発売できるこのシステムは、素晴らしい。キンドルというのは、実はアマゾンの構築したこの驚異的な「自己出版」システムの一部でしかなかったのである。『倒されたデーモン』に関して、私の知る限り、世界にこの類書は存在しない。これまでロシア人がなぜヴルーベリの生涯を小説に書かなかったのか、その理由は分からない。アンリ・トロワイヤの歴史伝記もの小説などと違い、この小説にはかなり筆者の想像が入り込んでいるが、パラジャーノフ脚本・レオニード・オスィク監督による1989年の劇映画ほど主観的でもない。

    タルコフスキーとその時代―秘められた人生の真実タルコフスキーとその時代―秘められた人生の真実
    (2011/04/04)
    西 周成

    商品詳細を見る

    『タルコフスキーとその時代』英語版も同じ方式でペーパーバックで出すことができた。この本の英語版は去年の12月にキンドルで出しているが、急いで翻訳したために間違いが少なくなかった。と言っても、伝記的事実や歴史的背景や典拠等の誤認ではなく、純粋に私の英語力の不足によるものだったので、今回はそれを訂正してのペーパーバック化である。興味のある方は以下のURLをご参照頂きたい。アメリカのアマゾン商品ページだが、英仏独でも購入できる。
    『タルコフスキーとその時代』英語キンドル版 アマゾンUSA 
    http://amzn.com/B006JMNXDY
     同、英語・改訂版 アマゾンUSA
    http://amzn.com/1481293788
     
     日本語版は1年4ヵ月前に脱稿したが、1年や2年で資料的価値が失われるようでは研究書及び普及書としては失格である。私はその点には自信があったので、今回書き直した部分はなかった。ただし、そもそも昨年12月にキンドル版で出した時点で、日本語版よりも細かな注を付していた。それゆえ、研究の目的で関連資料を調べたい方には、英語版をお薦めする。『タルコフスキー日記』の日本語版とロシア語版の異同や、ベルジャーエフの思想がタルコフスキーの芸術観に与えた影響等は、英語版の注にしか書かれていないからである(キンドル版は日本のアマゾンからも購入可能、http://www.amazon.co.jp/dp/B006JMNXDY)

     これらの「紙の本」を出版するに当たって、私は自分の時間と労力(デスクワーク)以外は何も使っていない。世界的なインターネットの高速化は、アマゾンやグーグルのような先見の明がある国際企業に活用されることで情報のフローとその商品化をこれまでになく効率化し、そのことが今や新しい文化創造の前提条件になってきている。この環境を創造的に利用できる企業や個人は、これまでのように、自分達の労力が一生報われないかもしれないというストレスを抱えずに生きることができる。少なくとも、誠実に創造的な活動を続けてきた人々にとってはそうだ。
     日本がガラパゴスであり続けようと電子書籍に否定的であろうとなかろうと関係ない。世界的なレヴェルにおいては、能力と行動力と教養のある人間にはほぼ平等にチャンスが与えられる文化が、実はすでに現実化しているのだ。

    古くて新しい映画の美学―新刊の構想について

     去る9月に『ロシア版ホームズ完全読解』という、やや趣味的な内容の本を出したばかりなのに、もう新刊の構想が固まりつつある。

    ロシア版ホームズ完全読解ロシア版ホームズ完全読解
    (2012/09/12)
    西 周成

    商品詳細を見る

     私はもともとミステリや推理小説のファンではないし、シャーロキアンでもない。SFはかなり読みん込んでいるし80年代の日本製アニメも「アニメオタク」や“サブカルチャー”論者とは全く違う観点でそれなりに評価している。私の専門は、現代ロシア映画であるが、実はもう一つの専門分野がある。“詩学”としての映画理論である。今度出そうと考えているのは、そのもう一つの専門分野における、これまでの研究実績を中心とするものだ。
     
     私が“詩学”としての映画理論について考え始めたのは、もう15年か、もしかすると20年近く前である。ベラ・バラ―ジュやエイゼンシュテイン、アルンハイムといった、第二次大戦前の映画理論の古典を読むうち、それらが記号学以降の映画理論よりもはるかに創作者の観点に近く、“アカデミック”な厳密さはない代わりに、映画制作と創造的鑑賞の双方に益する観点を含んでいることに気づいた(私は昨年刊行した『映画 崩壊か再生か』の中でも、そのような文脈でバラ―ジュの映画論を再評価した)。

    映画 崩壊か再生か映画 崩壊か再生か
    (2011/09/20)
    西 周成

    商品詳細を見る

     ドゥルーズの『シネマ』等には私はあまり関心を引かれなかったし、哲学者に限らず、大学人がたとえどれほど映画ファンであろうと“映画をネタに”自分の専門分野における考察を強引に展開するような書物には、ちょっと付き合いきれないという気がしている。なぜなら、我々、創造的な人間の人生は社会における不利な立場ゆえに、非創造的な俗物の人生よりも通常は短く、芸術は長いからである

     さて、ここまで読んで、例えば公務員やサラリーマンとしての平凡な人生を何よりも尊ぶような読者は、そろそろ嫌気がさしたであろう。そのような方は、私の新刊の良き読者にはならないと思うので、この後の文章は読まなくても結構である。
     
     その本には、黒澤明の『影武者』と『』に関する二つの論文が含まれるだろう。一つは、1995年に早稲田大学演劇学会発行の「演劇学」第36号の巻頭論文であり、もう一つは、1996年にロシアの映画研究誌『映画学紀要』(Киноведческие записки)第31号に発表されたロシア語論文の邦訳である。後者は現在でもロシア語ネット上で筆者に無断でスキャンされた全文が幾つも見つかり、ある中央アジア人の黒澤明関連サイトにまで「単に長大であるだけでなく、記念碑的な論文」として紹介されている。あまりにも日露での認知度の差が大きいので、私の経営する会社のネットショップで電子書籍としても販売してきたが、流用・盗用・無断引用のリスクがあるため、今回正式に日本語書籍に所収することにした。

     この二つの論文は、日本語を母語とし、映画のドラマツルギーについて探求したい人日本映画と日本演劇との相互関係を研究したい人、そして芸術としての映画の創造を脱俗的なレヴェルで行いたい人にとっては、必読文献であろう。『影武者』と『』に関して、この二つ以上に緻密かつ論理的な批評や論文は、日本語ではまだ書かれていないのである。それはそうだろう。同じ発見を二回することは不可能だからだ。
     今回、不備を直そうとして読みなおしたが、「演劇学」に発表した論文に一部ロシア語と英語の用語にミスが見つかった以外、2,3の些細な誤字しか直すべきところがなかった。これらの論文執筆後に発売された映像ソフトや書籍への言及がないことは仕方がない。学術研究とはそのようなものだ。改稿つまりアップデートしないのが誠実なのである。

     その他、セルゲイ・パラジャーノフの『ざくろの色』を中心とする後期作品についても、批評又は論文を書き下ろそうと考えている。もしかすると、「現代映画 構成とドラマツルギ―」で十分詳細に述べることができなかった、映画作品における作者のヴィジョンの具体化について、創作者向けに何か書き下ろす可能性もある。そこでは、なぜコ―ジンツェフの『ハムレット』がオリヴィエやブラナーの同名作品よりも映画的なのか、なぜパラジャーノフは見るべきところのない凡作を4本も撮った後、40を過ぎてから傑作『火の馬』を作ることができたのか、といったことにも触れられるかもしれない。

     発行部数はそれほど多く考えていない。キンドル本でしか出せない可能性もある。いずれにしても、読むべき人間だけが読めばよい。価格は当然ながら、通常の本よりも高めに設定されるだろう。そのようにしてしか、芸術文化というものは存続も発展もしてこなかった。これはどこの国でも、どんな時代でも同じことだ。趣味としての鑑賞はともかく、芸術作品の創造や研究は、絶対に大衆的ではありえないからである

     


     

    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : ロシア版ホームズ完全読解 『映画 崩壊か再生か』 火の馬 影武者 ドラマツルギー

    プロフィール

    Shusei Nishi

    Author:Shusei Nishi
    私の専門は映画であり、映画と音楽には相違点も勿論ありますが、多くの共通点もあります。個人的には、映画は現在の形よりもっと音楽的であっていいのではないかと考えています。

    ここでは批評やレヴューというほどではなく、偏愛する音楽と映画、そして生活全般における“別の選択”について書いてゆきます。

    最新記事
    リンク
    Amazon e-Store Alternative Life
    Related Items on Amazon.co.jp

    Copyright © Notes on Music, Cinema and Culture by 西周成 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。