スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    K.ロプシャンスキーの新作について

     現在、良くも悪くもコンスタンチン・ロプシャンスキー(1947~)ほど、映画の世界で「ロシア・インテリゲンツィア」の伝統を継承し続けている監督はいないだろう。「良くも悪くも」と書いたのは、もう一人の同世代の監督、アレクサンドル・ソクーロフには、「悪くも」の方があまり感じられないからだ。彼らは芸術家であるから、インテリゲンツィアを「知識人」と解してしまっては、私の言わんとすることが誤解されると思う。つまり私が念頭に置いているのは、ロシアの芸術的伝統、特にプーシキン以降の19世紀の伝統である。

     ソクーロフは既に1940年代の日本や中世ドイツを舞台にした劇映画『太陽』や『ファウスト』を撮っているだけでなく、中編ドキュメンタリーには西ヨーロッパの美術館への旅を記録したものさえあり、それぞれの作品は各地の風土や文化を反映している。それとは対照的に、ロプシャンスキーは『世紀の終わり』(01)で一部ドイツとポーランドを舞台にしてはいるものの、その他は常にロシアで撮影し、『死者からの手紙』(86)のような“西側”を舞台として設定しているはずの映画でさえ、ロシアの文化的伝統(特に芸術と宗教)との繋がりを意識させる内容となっている。

     ソクーロフに比べて遥かに寡作なロプシャンスキーだが、映画監督としての技術は短編『ソロ』でデビューして以来、確実に向上し続けている。昨年モスクワ映画祭で上映された新作『役柄(Роль)』は、ミハイル・ハネケの『白いリボン』と同じくらいかそれ以上に、白黒映画の美しさを再認識させる作品である。
     この映画を観ていて驚かされるのは、ロプシャンスキーのこれまで作品と比べてもスタイルが匿名的なものに近づいているにもかかわらず、その匿名的で「古典的」スタイルが、非常に新鮮に見えることだ。おそらくそれは、この映画が、私が常々主張しているような1980年代における「古典時代」の終焉を全否定するかのような完成度を持っているからだろう。
     1950年代までの古典的な映画の完成度は、映画のドラマツルギー的側面と、映像や俳優の演技その他に対する作者の目配りとの、微妙なバランスによって実現されたものだった。映画的な物語叙述のための共通の規範を順守しながら、規範を表現の自由に対する「束縛」と捉えるのではなく、むしろ表現を可能にする前提として受け入れることで実現された完成度だった。そして、そのような古典的作品は、俳優、カメラマン、その他のスタッフに規範が共有されていたスタジオ・システム時代だからこそ、実現できた。

     『役柄』は、そのような映画史の常識的理解を、覆すとまではいかなくとも、それに疑念を抱かせるに十分な作品である。
    続きはブロマガを購入して楽しもう!
    このコンテンツはブロマガ(有料)です。
    購入すると続きをお楽しみいただけます。
    ブロマガって何?

    究極の「癒し」は宗教的である

     仕事が過密ぎみになると、あちこちに神経痛が走ったり、偏頭痛がしたり、神経が高ぶって苛々したりする。それは誰でも同じだと思う。癌や高血圧の最大の原因は“食べ過ぎ”と“ストレス”であり、現役の職業人の場合にはこの両者は不可分の関係にあることが多い。

     ストレスや疲労が溜まるから、ついつい食べ過ぎてしまうのだ。それにはおそらく、無意識のうちに過密な仕事をこなすためのカロリーを補給するという意味もあるが、結局は人体を“オーバースペッック”した状態で動かし続けるわけだから、寿命が縮んで当然である。仕事は減らせない、というのであれば、なるべくストレスが溜まらないように、休憩時間に精神を落ちつける工夫が必要だろう。

     最近、私は、そんな時に特定の音楽を聴く。以前にこのブログで紹介したことのある、ウラディーミル・マルティノフの“Come In!”である。

    Come inCome in
    (2001/07/24)
    Martynov、Grindenko 他

    商品詳細を見る

    前にこのアルバムを紹介した際には、マルティノフの宗教的ミニマル作曲家としての個性に焦点を当てたが、今回は、この表題曲を聴き直して感じたことを書きたい。
     これは日本のネット上で“癒し”の音楽として少し話題になった曲である。一方、マルティノフの他の曲は話題にならず、作曲家としての彼はいまだにアルヴォ・ぺルトやスティ―ヴ・ライヒ等他のミニマル宗教音楽作曲家よりも知名度が低い(それは日本だけではないと思うが)。だが、この"Come In!" に関しては、ある意味で究極的な“癒し”の音楽だという気がする。
     一見、時計の秒針の動きを思わせる単調なリズムが続くが、それを伴奏として変化を続ける弦楽器の甘美さは、ほとんどバッハの“2つのヴァイオリンのための協奏曲”にも比肩する。ここにあるのは安易な感傷ではなく、人間全てが避けることのできない死というものを意識した「癒し」である。
     この曲は、ロシア語で“Воидите.(ヴァィジーチェ、「入りなさい」の意)”と言う男性の囁き声で終わるが、そこに唐突感はない。秒針の動きに、そして心臓の鼓動にも似た、決して人工性を感じさせないリズムは、非情な時の歩みよりも、むしろ充実した人生の行程を示唆している。その時間は弦楽器群によって甘美で豊かなものに変えられており、それらの楽器の優雅でどこか憂愁の感もある振る舞いは、人に与えられた生物学的な時間の有限性を意識しながら正しく生きようとする態度の暗喩だと言えないだろうか。「入りなさい」というのは、勿論、「あの世」に入りなさいということだ。そう、この曲には極めて宗教的な意味が込められているのである。

     別に私はそんな風に理詰めに解釈しながらこの曲を聴いていたわけではない。だが、全ての偉大な芸術作品がそうであるように、この曲の場合も、フォルムがすなわち理念の具現になっている。そして、マルティノフはそれを、万人が無意識に感じることのできる水準にまで純化している。

     冒頭の話に戻ると、現代社会における仕事上のストレスは、人間の肉体と精神を死に向かわせる元凶である。悪意や失望や不安は、ストレスによって倍加する。しかし、そのストレスのうち全てではなくとも多くの部分は、普遍的で高貴な芸術に触れることによって解消しうる。それを世間では“癒し”などと呼んでいるだけである。
     一方で、最高の芸術作品はほとんど常に宗教的側面を持っている。だから究極の“癒し”が宗教的作品であるとしても、少しも奇妙なことではない。

    テーマ : 音楽
    ジャンル : 音楽

    プロフィール

    Shusei Nishi

    Author:Shusei Nishi
    私の専門は映画であり、映画と音楽には相違点も勿論ありますが、多くの共通点もあります。個人的には、映画は現在の形よりもっと音楽的であっていいのではないかと考えています。

    ここでは批評やレヴューというほどではなく、偏愛する音楽と映画、そして生活全般における“別の選択”について書いてゆきます。

    最新記事
    リンク
    Amazon e-Store Alternative Life
    Related Items on Amazon.co.jp

    Copyright © Notes on Music, Cinema and Culture by 西周成 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。