スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    情報戦の逆説: 陰謀は“陰謀論”に実現を助けられる

    1920年代後半、アドルフ・ヒトラーが政権に就く以前からドイツの再軍備化は始まっていた。そのための経済的な条件を整えたのは、実は米国の金融資本家である。そこには“不幸な偶然”では片付けることのできない計画的な利潤追求の意志が働いていた。アメリカの現代史研究者アンソニー・サットンは、既に1976年の著書『ウォール街とヒトラーの登場』(Wall Street & the Rise of Hitler)の中でそのことを指摘している。

     アメリカにおける“陰謀論”、特に連邦準備制度の事実上の支配者である大銀行家達による陰謀に言及した文献は、サットンの本が最初ではない。1966年には歴史学者キャロル・クイグリーによる『悲劇と希望』(Tragedy and Hope)が刊行されており、実はこの本がその後のアメリカにおける様々な“陰謀論”(Conspiracy Theory)に影響を与えている。 


    サットンもクイグリーも所謂“陰謀論者”ではない。前者は60年代末~70年代初めに保守系シンクタンク“フーヴァー研究所”の研究員であったし、クイグリーの方は大学で長年教えていた歴史学者である(ちなみに、クイグリーの教え子にはビル・クリントンもいる)。 
     1966年に初版が刊行されたクイグリーの『悲劇と希望』はその後、再版もされず、ご覧のような中古本が高値で取引されているようである。もっとも、最近ではInternet ArchiveでPDF版等がダウンロードできるようになっているので、興味のある人はそれを利用するのもよいだろう(URLはこの記事の末尾)。

     『悲劇と希望』が、著者の生きた時代の政治的状況による制約を受けている事は明白である。それは例えば、ロシアの19世紀を概観した部分に顕著である。クイグリーは、帝政時代末期のロシアが西欧諸国に技術・産業面で依存していただけでなく、国民の生活水準を向上させずに農産物を主に輸出に回していたという否定的な事実を指摘しながら、ロシアがそのような政策を採るに至った経緯も原因も述べずに、その後すぐにロシアの政治思想の大雑把な総括を行っている。“ロシア思想の基本的特徴は過激主義にある”と断定する彼の言葉は、明らかに冷戦時代のイデオロギーを反映している。彼は、個人の自由を尊重する“西洋”に対して、非合理的で全体主義的なロシアという、当時の紋切り型の構図を示しているだけなのである。
     
     しかし実は、19世紀後半のロシアの政治的支配層は、クイグリーが素描しているほど愚かでも貪欲でもなかった。工業化が西欧諸国に比べて遅れていたことは事実だが、皇帝アレクサンドル2世は有名な農奴解放以外に」教育改革や司法改革等を行ってロシアの近代化を進めようとした。その結果、都市部に限ってみれば19世紀最後の四半世紀にロシアが同時代の西欧諸国と比べて見劣りのしない近代国家の様相を呈するに至ったことは事実である。だが、アレクサンドル2世が1960年代に行った諸々の“改革”の中には、必ずしも国益に沿わないものもあった。
    続きはブロマガを購入して楽しもう!
    このコンテンツはブロマガ(有料)です。
    購入すると続きをお楽しみいただけます。
    ブロマガって何?

    ウクライナ東部の「分離主義者」という虚構

     次の動画は、ロシアの経済学者ミハイル・デリャーギンが自分のチャンネルに投稿したものである。
     ウクライナ東北部の都市ハリコフの市民達の生の声が、はっきりと伝わってくる。これがマスコミの報道できない現実である。

     英米の金融系メディアやそれに追随しているように見える日経、時事通信等の報道によれば、ハリコフやドネツク等東部の都市では、ロシアの「工作」によって「分離主義者」達がキエフの現政権に反対していることになっている

     現実は全くそれとは違うのだ

     このハリコフの市民達は全員、ロシア語で話している。ロシア系ウクライナ人であるか、或いはロシア語を母語として育った人々であることは明らかだ。その彼らがこの動画で話していることの一部を、以下に書き出そう。

     「私達はキエフの卑劣漢達の政府は認めない
     「あの建物に居る黒服の男達は、私達の街ハリコフの警官ではない。誰なのか分からない
     「私達は今、平和に暮らすことができない。以前にはそんなことはなかった
     「私達にはNATOもEUも必要ない。平和に暮らしたいだけだ
     「私達は「分離主義者」ではない。分離主義者は91年にソ連を解体した連中だ
     「これはウクライナのパスポートだが、署名部分は見せられない。あいつらに何をされるか分からない
     「あの黒い服の男達は、誰かは分からないが、ハリコフの人間ではない。ウクライナ語を話している
     「彼らは平和的に抗議している私達に、手榴弾を投げつける
     「私達は「分離主義者」でもテロリストでもない

     これだけでも、読者には十分お分かりだと思う。
    当ブログで何度も強調したように、キエフで何カ月もの騒乱を経てヤヌコヴィチ政権を倒した一派は、基本的に極右の民族主義者達である。そして彼らは、政権を掌握してしばらくすると「同志」だったはずのチェチェン戦争以来の極右軍人アレクサンドル・ムジチコを殺害してしまうほどに自己中心的な人々である。また、ヤヌコヴィチ政権を倒すにあたって、両陣営に犠牲者を出した「狙撃事件」を利用するほど卑劣な人々である。そのことは、いまや多くのウクライナ市民も、世界中のネットユーザーにも知れ渡っている(知らないのは既存のマスコミを盲目的に信じている高齢者世代だけだ)。

     ウクライナの大統領選では、新興財閥の一人ポロシェンコが、現臨時政権の支持するティモシェンコより多くの支持を集めているらしい。後者の支持率がそれほど伸びないのは既に述べた状況から当然としても、前者がこのハリコフの市民達の望み(平和で、ロシア系だからという理由で差別されず、NATO等の介入もない生活)を実現できるだろうか? 反ロシアを掲げて欧米に追従している限り、それは無理であろう

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    tag : ロシア ウクライナ

    "大量広告・扇動・脱情報メディア"、陰謀学、近視眼的文明②

     前回紹介したフールソフ他の「陰謀学」論文集は、多忙につき少しずつしか読めない。だが方向性はこれまで読んだ段階でもよく分かった。彼はウォーラーステインやアリギだけでなく、英語、ロシア語、時にはフランス語で出版された文献も引用する一方で、WEB上にしかない文献や未刊行の原稿(著者から提供されたものだという)も利用し、近代資本主義システムの研究に「陰謀的諸構造」の「主体」を導入しようとしている。

     面白いと思ったのは、彼がヴェネチア人の役割を強調していることだ。英国の近代史の裏には、ヴェネチア人、オランダ人、そして当然ユダヤ人の金融資本家と、資本家に変貌した英国の貴族がいたという。フールソフの論では、アリギの説と違って、近代資本主義システムの形成においてジェノヴァ人の役割はほとんどなかったことになる。ヴェネチアと言えば、先ごろイタリアからの独立を目指して住民投票が行われたばかりである。中世には東方貿易だけでなく東ローマ帝国の略奪によっても富を築いたが、近代以降の西欧の歴史には、あまり目立った活動はないように見える。一般人が知っている公式的な歴史は、「世界の舞台裏」を記述しないものだからであろう。
    続きはブロマガを購入して楽しもう!
    このコンテンツはブロマガ(有料)です。
    購入すると続きをお楽しみいただけます。
    ブロマガって何?
    プロフィール

    Shusei Nishi

    Author:Shusei Nishi
    私の専門は映画であり、映画と音楽には相違点も勿論ありますが、多くの共通点もあります。個人的には、映画は現在の形よりもっと音楽的であっていいのではないかと考えています。

    ここでは批評やレヴューというほどではなく、偏愛する音楽と映画、そして生活全般における“別の選択”について書いてゆきます。

    最新記事
    リンク
    Amazon e-Store Alternative Life
    Related Items on Amazon.co.jp

    Copyright © Notes on Music, Cinema and Culture by 西周成 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。