スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アメリカ帝国の終焉

     米国のデフォルト・リスクの高まりは、国内の医療や日常生活に影響を与えているだけでなく、G20や世界銀行からも名指しで解決を求められる等、いまや“覇権国”アメリカの没落を象徴するものになっている。しかし、当のアメリカでは既に何年も前から“帝国の没落”については自覚されていた。
     
     それもそのはずである。以前、このブログで書いたように、国内需要を支えていた中産階級の破産リスクが高まり消費余力がなくなったというだけではない。所得格差の拡大が4千万人以上の貧困層にフードスタンプが配給される事態を招いたというだけでもない。世界最大の消費(浪費)を誇ったアメリカ経済が、その構造自体から崩壊しつつあるのだ。1%の超富裕層(特にウォール街の支配者達と多国籍企業のCEO)のみが富を享受し、残りの全ては実質上、所得の“据え置き”又は社会からの“切り捨て”に遭ってきたのが、過去30年のアメリカである。つまり普通に考えれば、持続的な発展どころか、社会の維持さえ不可能な構造だったのである。

     最近報道されたデトロイトの破産は氷山の一角でしかない。次の動画に見られるように、かつて栄えていた地方都市の荒廃はただ事ではない
     
     また、金融資本家(銀行家)達の無責任さも尋常ではない。借金のカタに中間層から取りあげた住宅を荒廃するに任せているのだ。


     アメリカ社会の病根は、貪欲によって盲目になった金融資本家達と、タカ派、及び(これが最も目につきにくかったのだが)保守的な中産階級である。このうち最後の人々が一番、自分達の言動に対して自覚がなかった。そのように教育されてきたからだ。彼らの理想を表す言葉が他でもない、“アメリカン・ドリーム”である。

     この理想には、“自由(税金からの自由も含める人がいる)”と、“ビジネスでの成功(自由市場への無根拠な信仰に基づく)”と“物質的豊かさ(消費主義)”と“神の祝福(50年代から「忠誠の誓い」に「神の下の国」という一言が加わった)”という、よく考えてみれれば、また他のほとんどの民族から見れば全てを同時に満たせるはずのない諸要素が一体化していた。

     私が最近作り、去る9月11日からYouTubeで公開している『システムの衝突』では、この理想の矛盾、及びそれを絶対視して他国を侵略してきた“帝国”の傲慢さが、容赦なく批判されている。とは言え、作者である私自身の言葉は字幕による冷静なコメントしかない。過去半世紀のアメリカにおける公式的言説の矛盾や虚偽は、それ自体によって語られている。衒学的な人なら、この方法に「脱構築」を見出すかもしれない。YouTubeチャンネルの紹介ビデオの初めに日本語字幕(CC機能を使用)のついた1分の予告篇があるので、興味のある方はご覧頂きたい。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    Shusei Nishi

    Author:Shusei Nishi
    私の専門は映画であり、映画と音楽には相違点も勿論ありますが、多くの共通点もあります。個人的には、映画は現在の形よりもっと音楽的であっていいのではないかと考えています。

    ここでは批評やレヴューというほどではなく、偏愛する音楽と映画、そして生活全般における“別の選択”について書いてゆきます。

    最新記事
    リンク
    Amazon e-Store Alternative Life
    Related Items on Amazon.co.jp

    Copyright © Notes on Music, Cinema and Culture by 西周成 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。