スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    鳩山氏のクリミア訪問は、国益に反しない④

     月曜から続いたこの連載は、今日で終わりである。
     文字情報がほとんどで、長い文章が嫌いな人には苦痛だったかもしれない(全く大した長さではないが)。
     
     今回は、私が前回まで書いてきた事実の裏付けとなる報道映像の一部を紹介しながら、記事のタイトルと関係のある、「レッテル思考」の弊害についても述べたい。
     
     まず、次の映像をご覧いただきたい。イギリスBBCがYouTube上で公開している、今年1月初めのキエフ民族主義団体「スヴァボーダ」が行った、ステパン・バンデーラ生誕105周年の記念行進の映像だ(バンデーラに関しては前回記事を参照)。
     
      レポーターの英語は平易で聞き取りやすい。また、YouTubeでご覧になれば、ニュースの概要が英文で書かれている。私の書いたことが事実だと、誰でも確認できるだろう。右翼団体がこれほど大規模に首都でイベントを行う等ということが、日本でも他の先進国でも、想像できるだろうか?
     
     ウクライナの主な右翼団体はこの「スヴァボーダ」だけではない。同国東部での戦闘に加わった「右派セクター」(リーダーのドミトリー・ヤロシュはインターポールに国際指名手配された)、ヨーロッパの他国に影響を与えようとしている「アゾフ大隊」が挙げられる。この二つの団体は、軍事行動という、一歩間違えば国全体の国際的立場を危うくする活動に携わっている。
    次の二つは、昨年ウクライナの(ロシアの、ではない!)警察に殺された「右派セクター」の幹部の一人、オレクサンドル・ムジチコが、死の直前にアップロードした映像(上、昨年3月15日)と、彼の殺害を報道するロシアの「反体制(と欧米メディアは報道している)」的メディア“ドーシチ”のニュース(下、昨年3月26日)。ムジチコは、公安が自分をロシアに引き渡すだろう、殺されるだろうと言っているようだが、実際には自国内でカフェにいるところを強襲された。



    次に紹介するのは、昨年5月2日に起きたオデッサの虐殺に対して、早くも同月12日に公開された、StormcCloudGathering.com制作のヴィデオ。明らかに英語圏、おそらくはアメリカの独立メディアである。
     

     この独立メディアは、早くも3月12日には、クーデターの「舞台裏」を暴露していた。僅か10分程度で、驚くほど要領よくまとめている。ヤヌコヴィチ解任直前に起きた「スナイパー事件」も、アメリカ国防次官補ヴィクトリア・ヌーランドとパイエト駐ウクラナ大使が次のウクライナ政権の首班にだれが適当かと会話している電話録音も、ムジチコの「俺は生きている限りユダヤ人とロシア人を殺し続ける」旨の発言も、全部含まれている。
    続きはブロマガを購入して楽しもう!
    このコンテンツはブロマガ(有料)です。
    購入すると続きをお楽しみいただけます。
    ブロマガって何?
    プロフィール

    Shusei Nishi

    Author:Shusei Nishi
    私の専門は映画であり、映画と音楽には相違点も勿論ありますが、多くの共通点もあります。個人的には、映画は現在の形よりもっと音楽的であっていいのではないかと考えています。

    ここでは批評やレヴューというほどではなく、偏愛する音楽と映画、そして生活全般における“別の選択”について書いてゆきます。

    最新記事
    リンク
    Amazon e-Store Alternative Life
    Related Items on Amazon.co.jp

    Copyright © Notes on Music, Cinema and Culture by 西周成 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。