スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    映画の詩学(ロシア語新刊)

     1920年代、ロシアの文芸学者や映画の実作者達は映画理論の構築に携わった。彼らの映画理論は、古典的な意味での「詩学」だった。というのは、彼らの関心は主に、映画の構成とその構成原理だったからだ。

     やがて、大半の場合は学界で承認された映画作品の分析が、理論家達の普通の課題になった。映画記号論と物語論(ナラトロジー)の登場以来、映画作品分析のための道具箱は豊かになったが、理論自体は退屈なものになった。

     部分的な「映画の詩学」の再生が、おそらく1980年代以降に起きた(ちょうどその頃、経済的バブルが始まった)。
     この新しい詩学が志向していたのは、映画創作ではなく(なぜならそれは「学術的」課題ではないので)、テクストとしての映画作品の洗練された読解だった。その後、全ての大陸で新自由主義的政策が優勢になり始め、作家映画の人気が衰えると、残念ながら全ては無に帰した。1990年代は、おそらくその転換点だった。
     
     私の準博士(PhD)論文は、この時期に、ロシアで、ロシア語で書かれた。この事実はたぶん、この論文に映画理論の分野におけるある種の歴史的意義を与えただろう。少なくとも私にはそう思われる。

     私はそれを刊行したばかりである。
    ペーパーバックはここで買える(米アマゾン)。
    Polifoniya v narrativnom kino: popytka poetiki kinoiskusstva (Russian Edition)
    by Shusei Nishi 
    Link: http://amzn.com/1499273304

     
    >ちなみにこちらはキンドル版である
    キンドルはまだロシア語をサポートしていないそうで、販売が停止された。下記のリンク先も消えてしまった。
    しかし実際にはロシア語のキンドル本が既に幾つも存在する(公式にはサポートしていないことになっているのに)。
    技術的には何の問題もないことは、既存のロシア語キンドル本が売れていることでも証明されている。
    一体、どういうことなのか、全く不可解である。

    Polifoniya v narrativnom kino (Russian edition): popytka poetiki kinoiskusstva (English Edition)Polifoniya v narrativnom kino (Russian edition): popytka poetiki kinoiskusstva (English Edition)
    (2015/04/24)
    Shusei Nishi

     
    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : 映画理論

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    Shusei Nishi

    Author:Shusei Nishi
    私の専門は映画であり、映画と音楽には相違点も勿論ありますが、多くの共通点もあります。個人的には、映画は現在の形よりもっと音楽的であっていいのではないかと考えています。

    ここでは批評やレヴューというほどではなく、偏愛する音楽と映画、そして生活全般における“別の選択”について書いてゆきます。

    最新記事
    リンク
    Amazon e-Store Alternative Life
    Related Items on Amazon.co.jp

    Copyright © Notes on Music, Cinema and Culture by 西周成 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。