スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    システムの解体と人生の意味・幸福: 世界システムの転換期と“普通人”の運命 12

     世の中には、不思議な人種がいるものだと、私は常々感じてきた。
     
     例えば、私が20代前半の頃、現代ロシア映画を本格的に研究し始めた時に出会った、“ソ連映画”の礼賛者達。彼らは映画を芸術や娯楽として見ていたというよりも、彼らが生まれたわけでも市民として住んだわけでもない“ソ連”という国の全てを肯定しているように見えた。

     或いは、やはり同じ頃に出会った、“ハスミ信者”。映画を監督の個人的な表現と見ていたのか集団の創作物と見ていたのか、はたまた映画というメディア自体に何か超越的な価値を見ていたのか、彼らは無意味に金銭や時間を浪費して大量の映画を鑑賞し、特定の批評家の言説は無条件に信頼する一方で、それに囚われたままで自分が“批評家”や“研究者”になれるなどと信じていたようだった。

     あれから四半世紀以上がたったが、こうした人々は“成功”したり、“幸福”になれたりしたのだろうか。

     私自身のことを言えば、過去四半世紀の間に、愚かな失敗の数々や失望の瞬間だけでなく、多くの幸福な瞬間や無条件の充実感を味わった瞬間があった。それらは全て、誰の“信者”になったわけでもない、私の個人的な選択の結果だった。

     私が幸福や充実感を手に入れた瞬間は、金銭や社会的地位とは全く何の関係もなかった。
     つまり、現在の世界システムとは何の関係もなかった。それは精神的なものだったのである。

     当たり前だと思われるかもしれないが、友情も愛情も創作上の喜びも、新しい知識を体系的に整理して得られる満足感も、金銭や社会的地位とは無関係である。問題は、それらを求め、それらを尊重する意志が、あなたにあるかどうかにかかっている。
     
     あなたには親友がいるだろうか?
     いるとしたら、あなたの人生は成功している。

     
     あなたは、自分の職業を天職と感じ、一生そこで刻苦精励しながら人々に認められる確信があるだろうか?
     だとしたら、あなたの人生は成功している。
     
     この二つの点に確信が持てるなら、あなたの人生は死ぬまで成功であろう。

     年収がいくらだとか、褒章を得たとか、そんなことは無関係である。
     たとえ“世間”に忘れられようと、親友はあなたの人間としての価値を、同志はあなたの作品を、絶対に忘れることはない。

     親友とは、何が起きても裏切らない人生行路の同志である。たとえ別の国に住んでいて何年も会っていなくとも、実際に顔を合わせたのが数回に過ぎなくとも、親友、或いは“友人”というものは、あなたの生死に関わる事件が起きた時に、必ず心配してくれる(ただし、あなたが相手を自分と同様に尊重し、敬愛し、決して“利用”しようなどと考えない場合に限る)。
     天職とは、世界システムのゲームの規則とは何の関わりもない、あなただけが判断できる仕事の世界である。そこでは、同じ天職を持っている人々からの称賛が、最高の褒章になる。

     あなたにはこのどちらもなく、その代わり経済力や社会的地位の威光によって“広い人脈”をもっている自信があるだろうか?
     だとしたら、“あなたは取りあえず、今のところは成功しているようだ”と言いたい。
     “取りあえず”、というのは、現在の世界システムが解体し尽くすまでの間、あと10年か20年ほどは、という意味である。
     あなたに子供がいるとか、長生きするつもりであるなら、現在上手くいっているように見えも決して安心はできないのである。

     この連載で述べてきたように、現在の世界システムは、その管理者達にとってさえ、既に十分機能せず、不都合になってきている。大衆消費社会という経済モデルはもはや機能しないが、次のモデルが提示できない。そして人口を削減して階級社会に戻すには、まだ市民社会を信じている“普通人”達の力が強すぎるからである。いずれにせよ、エコロジー的にも、経済的にも、国際政治の面でも、このシステムはもはや“機能不全”が目立ちすぎる。しかし一挙に変えることもできなければ、問題を合理的に解決することもできない。それはまるで、全身に転移した癌に対して既存の療法を試みているようなものだ。新奇で思い切った療法を施すこともできるかもしれないが、患者はそれで死ぬ可能性が高い。

     前回はタルコフスキーの映画から二つの印象的な言葉を引用したが、今回は、彼の実現しなかったシナリオ、『ホフマニアーナ』について触れよう。勿論、その「文学的シナリオ」を美学的に分析しようというのではなく、彼の人生と創作との接点、彼が人生の意味や幸福をどこに見出していたかという観点から、である。
    hoffumaniana.jpg

     最近、この実現しなかったシナリオの、前田和泉氏による邦訳本が送られてきた(奥付には2015年9月25日発行とある、発行:エクリ)。タルコフスキーの他の作品との美学的な関連については、同書に所収された前田氏による解説に詳しいので、ここでは触れない。私がこの邦訳本を読んでいて“発見”したのは、審美的な問題ではなかった。
    続きはブロマガを購入して楽しもう!
    このコンテンツはブロマガ(有料)です。
    購入すると続きをお楽しみいただけます。
    ブロマガって何?
    プロフィール

    Shusei Nishi

    Author:Shusei Nishi
    私の専門は映画であり、映画と音楽には相違点も勿論ありますが、多くの共通点もあります。個人的には、映画は現在の形よりもっと音楽的であっていいのではないかと考えています。

    ここでは批評やレヴューというほどではなく、偏愛する音楽と映画、そして生活全般における“別の選択”について書いてゆきます。

    最新記事
    リンク
    Amazon e-Store Alternative Life
    Related Items on Amazon.co.jp

    Copyright © Notes on Music, Cinema and Culture by 西周成 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。