スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    楽器と撮影用カメラ

     20年以上前に撮った8mm映画を、まずVHSにテレシネし、それをDVDに焼いてからPCにMPEG形式で取り込んでみた。面白いことに、これだけ変換を重ねていても8mmはそれ以外の映像には見えない(リンク先動画を参照)。
    Dialogos
     撮影用カメラというものは、音楽における楽器と似ている。撮影用のフォーマット(8mm、16mm、35mm、Hi-8、DV、HDVその他)だけでなくカメラの重さ、大きさ、レンズその他によっても、映像の質感が変わってくる。タルコフスキーはかつてトニーノ・グエッラと共同監督で『旅の時』なる16mm映画を作っているが、このドキュメンタリーは彼が35mmで作った映画とは相当に質感が異なっている。

     8mmフィルムは、編集の跡が画面上で目につくという点、時間を経ると必然的に付着するフィルム上の汚れが目立つ点でも、誰が撮ろうがアマチュア的に見えるという宿命を持っている。ところが、昔の8mmカメラと同じ価格帯で今買うことのできるHDVやAVCHDのヴィデオフォーマットは、フィルムで言えばもう16mm以上35mm以下というプロ領域のスムーズさを実現している。これらのフォーマットは誰が撮っても質感だけはある程度プロ的に見えるわけである。

     楽器に例えれば、8mmはハーモニカ、35mmはヴァイオリン、HDVやAVCHDはハープやピアノといったところだろうか。だが、音楽が音の質感(音色)だけでできているわけではないように、映画も映像の質感だけでできているわけではない。
     吉松隆の「忘れっぽい天使」というCDアルバムに収められたハーモニカのための曲は、この楽器の特性を活かした芸術作品であって、決してアマチュアの作品ではない。この楽器を念頭に置いた構成や、楽器の振る舞い方を踏まえた装飾音が、ちゃんとそこにある。
     これと同じようなことが、8mmや16mmやHDVその他の映像フォーマットとそのためのカメラに関して、映画の作り手によって念頭に置かれるようにならなければならない。ジョナス・メカスは彼の個人映画を16mmで撮ったのではなかったか。あれは16mmフィルムとそのためのカメラでなければ撮れない映像だった。

     映画作家は、特定の映像フォーマットを偏愛すべきではないと思う。カメラを楽器のように扱い、白飛びや音飛びも活かし、古いビデオ素材の荒れ具合にも興味を抱き、デジタル映像の鮮明さもフィルムのくすみ具合も愛し、それらをオーケストレーションできたら、どれほど面白い作品ができるだろうか?

     ネットでの公開用にそういう作品を作ってみてもいいだろう。勿論、そういう実験では金儲けなど考えてはいけない。思えば、35mmというフォーマットは商業主義の手垢にまみれた、実に資本主義的なものなのだ。私は様々なビデオフォーマットも、フィルムと同じかそれ以上に好きなのだが、それはビデオが資本主義の課す桎梏から相当に自由だからだ。
     ペンを持って書くようにビデオカメラでエッセイや詩を作ることができる。音楽クリップというのは映像による短詩である。それを映画でないと言うのは、俳句や短歌を文学でないと言うのと同じくらい、野蛮な暴論だろう。


     
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    Shusei Nishi

    Author:Shusei Nishi
    私の専門は映画であり、映画と音楽には相違点も勿論ありますが、多くの共通点もあります。個人的には、映画は現在の形よりもっと音楽的であっていいのではないかと考えています。

    ここでは批評やレヴューというほどではなく、偏愛する音楽と映画、そして生活全般における“別の選択”について書いてゆきます。

    最新記事
    リンク
    Amazon e-Store Alternative Life
    Related Items on Amazon.co.jp

    Copyright © Notes on Music, Cinema and Culture by 西周成 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。